専門学校生・卒業生の就職サイト

社長の履歴書

美容業界で成功するために、仕組みから大きく変えていきたい。

ワンエイジャパン株式会社(18JAPAN)  創業1995年 代表取締役社長 / 蓑輪 篤

踏み出した一歩、その後も再び紆余曲折...

美容学校では、美容師への夢は持ちながらも・・・高校時の反省もどこへやら。クラスでも少し目立ったグループに所属し、勉強もそこそこに遊ぶ毎日。それはそれで楽しく、あっというまに就職活動時期になりました。真面目に勉強してこなかったため、就職先への強い志望もなく、学校に届く求人票を見ていると、衝撃の事実が飛びこんできました。
母の言っていた「月30万円」なんてサロンはどこにもありません。むしろ、その4分の1程度がほとんどで、私の美容師になる夢は消えかけていました。そんな時、友人から月給10万円という、比較的給料の高いサロンを教えてもらい、そこへ入社することに。そこは、1店舗のみの小さな美容室で入社後は毎日レッスンの日々。4月に入社し、12月には早くもカットに入っていました。
入社して10ヶ月が経った頃、独立をした先輩から「もっと上を目指すなら、別のサロンにいくことも考えてみたら?」とアドバイスをいただきました。一度、ここと決めた就職先だったので辞めることなど考えてはいなかったのですが、働き続けるうちに先輩の「もっと上を目指すなら・・・」という一言が頭を離れず、その店長からの誘いを受けたことをきっかけに、お店を移ることになりました。そこでは、刈り上げも教えてくれて、また給料も高くなるということで移ってきたのですが、実際は思ったよりも厳しい毎日。強い決意で入社したはずなのですが、たった1ヶ月という短い期間で退職することになってしまいました。
そこから地元の寝屋川に戻り、気持ちも新たに美容室を探しはじめたところ、「守口美容院」というサロンが目に入り、直感でここにしよう!と決め入社しました。

母からの一言”美容師になったら?”が美容師人生のはじまり

「美容師になれば、月30万円稼げるんやで!美容師になったら?」
中学校の進路相談会の後、母からのそんな一言が私の美容師の道を目指すきっかけでした。
その一言は、当時勉強が嫌いで美術が得意だった私の心に刺さり、中学卒業後すぐに美容室へ就職しようとまで考えるようになりました。
しかし学校の先生からは高校にはいくべきだと助言があり、将来を決めるためにも高校には進んだ方がよいと私も考えるようになり、公立高校へ進学することしました。高校卒業後には変わらず美容師になると決めていたので、高校での勉強はおろそかに。それが後の自分を苦しめることになるとは気付かず・・・。

紆余曲折を経て、美容師人生への第一歩

高校卒業後の進路を決める時期になり、もちろん私は美容師を目指すつもりだったのですが、目指すきっかけとなった母から驚きの一言。「大学に行ったら?」と・・・気まぐれで言われたそんな提案でしたが、当時の私は気持ちが動き、美容師への道から一転、大学への進学、そして実は小学校からの夢でもあった教師を目指す道も考えるようになりました。
そこから大学受験を試みるも、高校3年間勉強をおろそかにしていた付けが回ってきたんですね。受験はことごどく失敗。浪人生になり予備校にいくものの、なかなか挽回することができず、大学進学と教師の夢をあきらめることに・・・。
そこで頭をよぎったのが、中学の時に一度は決意した美容師への道でした。大学進学から美容学校へ進路を変更し、関西美容専門学校へ入学。それが私の今の人生を決める第一歩になりました。

数々の出会い、そして決意

守口美容院は、これまでと違い営業中の自由度が高いお店でした。のびのびと仕事をしていたためか、美容ディーラーの方が来られた際に、私を見て「この人はきっと大物になる!」と言ってくださったことがありました。その一言が実はものすごく嬉しく、私の心に突き刺さり、「俺は大物になれるんだ!」と成功イメージがどこからともなく沸々と湧き出てきました。
それが美容師として独立し自分のお店を創りたいと思うきっかけになり、資金作りのために新たな就職先を探すようになりました。そして転職先として最終的に選んだのが、大手サロン。実はそこは面接に行った際に、ずらりと並ぶ席を見てここでは絶対働きたくない!と感じていました。しかし、他のサロンの面接では「いつから来れるの?」とすぐに聞かれることが多かったのですが、その大手サロンからは「1日じっくり考えてみてから決めてください。」と言われたんです。その対応が他と違うこともあって妙にひっかかり、また大手なら多くの経験が積めるのではと考えるようになり、最終的にその大手の有名サロンへの転職に決めました。
そこはさすがの大手サロン。高い技術を持った先輩美容師が多数在籍しており、これまで身につけてきた私の技術は、けなされる毎日。正直、すぐに辞めようと思っていました。しかし、ある日店長から「私が君に厳しくする理由は、君に新店舗の店長になってもらいたいからなんだ」と告げられたんです。これまでの苦労と辛い日々がすべて報われたような気がしました。そして晴れて店長になることができ、5年半勤める間に経営についても学び、ついに元々の夢であった独立への一歩を踏み出すに至りました。
私の創りたいサロン、それはこれまで働いたサロンとは全く異なるタイプのサロンで、予約やカウンセリングの制度を整え、技術も接客も常に100点満点。そんなサロンを創るべく私の美容師人生の第二章、独立の道は始まったのでした。

夢を叶えるには、成功イメージを持ち続けること

実は、独立を考えるようになってから、毎日紙に書いてきた目標がありました。それは、「27歳で独立。35歳で5店舗を運営。」というものでした。実際はというと、「30歳で独立、42歳で10店舗を運営」。少しずれはありましたが、常に成功のイメージをし続けることの大切さは数々の経験から学びました。
立地は阪急沿線がよいのではと考え、まず1店舗目は西宮北口にオープン、そこから岡本、住吉と次々に店舗を展開していきました。しかし、順調に見えていた経営は”人手不足”により不振となり、潰れかけるという事態に。しかしそこで「ALVIVE」という新しいブランドの店舗を立ち上げることで、復活を遂げることができました。この経験から感じたのが、「ピンチに見舞われた際に、そのピンチにだけ対応し終わらせてしまう人と、また別の方法を考え続け実行する人とでは、結果は変わる」ということ。他にも、一度は会社を救ったはずのALVIVEの危機、ベテランスタッフが続々退職するという社内トラブルなど、山あり谷あり。まさにそんな20年間でした。

18JAPANの目指すもの、そして学生の皆さんに伝えたいこと

ALVIVEブランドの誕生を機に、「有限会社クレールコーポレーション」を「18JAPAN(ワンエイジャパン株式会社)」に変更し、今年で創業20周年を迎えます。当社が今後目指すのは、「100年企業」。次世代へとつなぎ、100年続く優良企業へと成長させていくことです。そのために、組織を確固たるものにし、役員を増やし、共に100年企業に向かって経営を実行していく「経営陣」を増やしていく必要があります。
今の美容業界で夢を叶えるためには、「仕組み」から大きく変えなければなりません。そのために、社員皆に協力をしてもらい、独立支援制度の活用をすすめ、18JAPANグループを創っていきたいと考えています。
最後に、学生の皆さんに伝えておきたいこと、それは「会社は経営者の夢を叶えるところ」だということです。会社は、社員の各々の夢を叶えるところではなく、社長の描く夢に社員各々がいかに近づくことができるか、それがひいては社員たちの成長になり夢に近づくものだと思います。
だからこそ、学生さんには本当にこの社長と、サロンと、先輩スタッフたちの行きたい方向へ一緒になって向かっていきたい!と思えるサロンに就職してほしいと思います。そのために、色んな社長やサロンを知り、会い、ここで活躍したい!と思える場所を本気で探してください。

(取材、撮影/坂本 あゆみ)

一覧へ戻る

会員登録(無料)

説明会・入社試験スケジュール

20177月

25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5
25 26 27 28 29 30 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 1 2 3 4 5

20178月

30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2
30 31 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 1 2

20179月

27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

会員限定 適正診断 自分の適性・適職を診断しよう!