先輩情報を探す | 専門学校の就活No.1サイト キャリアマップ

先輩情報を探す

「私もこんな先輩みたいに活躍したい!」を見つけよう。
先輩の想いや活躍・近況などがご覧になれます。

検索する

2017/07/17 23:06 投稿

考える→確認のクセをつけよう

Original

スナダ建設に限らず、社会に出ると(1)会社の意向・考え方を基準として理解する。(2)基準に沿った行動や効率の追求を考え、実行する…という事を求められるようになります。
特に入社したての頃は分からない事だらけ。つい周囲の人に聞いて、教えてもらいがちですが、聞く事がクセになる前に、自分で考えた結果を確認するカタチに変えていきましょう。施工管理の仕事は次々判断を下さないといけない事ばかり!人に聞くことに慣れると、後で苦労するのはみなさんですよ。

2017/07/17 22:50 投稿

現場がぜんぶ教えてくれる

Original

施工管理の仕事には一応やらないといけない事、押さえておかないといけない事はありますが、どういう心構えで働くべきか…という事は、先輩や上司が教えてくれるものではなく、工事の現場で職人さんとふれあい、叱られ、話し合って身につけていくもの。スナダ建設とお付き合いいただいている職人さんはみんな気持ちの良い方ばかりなので間違った事で叱ったりはしません。新人のうちにしっかり注意を受けて、責任感を養って欲しいですね。

2017/07/14 19:31 投稿

増え続ける現場と経験を積むチャンス

Original

僕自身は中途採用ですが、勤務初日から施工管理として現場を任され、びっくりしながら働いたことを今も新鮮に覚えています。
それから14年弱。多少の上下はあるもののスナダ建設の手掛ける施工現場は増え続けています。これは施工管理者を目指す皆さんにとってもプラスになること。現場の多さは「経験を積むチャンス」の多さなんですから。

2017/07/13 10:51 投稿

お見事!

Original

今回CLASSICOグループからは、HILO のかぢさん(8年目)と井本さん(2年目)が出場しました。
僕は、モデルさんの都合がどうしてもつかず断念、、、、出場は出来ませんでしたがその分、後輩の応援に東京まで日帰りでいってきました!
そしてかぢさん、見事3位獲得!
おめでとう!そしてわずか1年ちょっとでカットとスタイリング、衣装まで審査される厳しいコンテストに出場した井本さんも必ず近い将来結果が出るでしょう!

2017/07/11 13:22 投稿

経験を積むたびに成長を実感できる

Original

足場を解体し、建物の全景が見えた瞬間、又、発注者様へ建物を引渡す時などはやっぱり嬉しいです。もちろん、発注者様から、思っていたイメージと違っているというお話になることもあります。図面通りに進めても、イメージと違っている。そういった事例もありました。だからこそ、いいものができた!ありがとう!と言われることは、本当に嬉しいものです。経験を積むたびに、学びがあり、次の現場に活かせるようになるので、自分の成長を実感しやすい仕事だと思います。

2017/07/11 13:16 投稿

入社してから現在に至るまで

Original

入社してすぐに現場へ配属されました。最初のころは職人さんと上司との間でコミュニケーションツールのようなポジションに立ち、連絡調整などをしていました。自分の父親くらいの年代の方と一緒に仕事をするので、最初は正直大変でしたね(笑)入社3年目には実際に現場の仮設材などの数量を拾い出したり、簡単な図面の作成をしたりしました。その後は躯体図といって、職人さんがその現場をどのように進めていくか、といった図面の描き出しをするようになりました。担当する現場が大きく、長い時間かかるものが多い中、入社7年目を過ぎた頃から徐々に責任のある仕事を任せてもらえるようになりました。

2017/07/11 13:13 投稿

研修で会社のことをもっとよく知れる

Original

今年に入社して2週間は研修でした。この2週間は、どの職種の人もすべての部署(本社管理部門の他、営業部、工事部、リニューアル部、工務・積算部、設備部、設計部など)のことを丁寧に教えていただきます。専門用語が多くて難しかったですが、各部署の仕事を素人でもわかるように教えてもらえました。建設会社なので工事部の現場に行ったりなど、実際どんなことを生み出しているのかを見られたのがとてもいい経験になりました。

2017/07/10 18:29 投稿

可能性の広さに魅力を感じました

Original

施工だったり、現場管理、図面を描いたり、いろんなことに挑戦できるところに魅力を感じてオフィスインテリアへの入社を決めました。一つのことに特化するのもいいと思うのですが、いろんなことにチャレンジできる環境でフォロー体制も整っているし、困った時はきちんと手を差し伸べてくれるので、不安なく働けるのはとてもいいですね。中でも今は、現場管理のポジションが好きですね。実際に内装ができ上がっていくところを見られるので、感動ややりがい、達成感もひとしおです。あとは何と言っても人間関係ですね、ここが魅力です。

2017/07/10 18:17 投稿

大変なことも一緒に乗り越えていける環境です!

Original

お見立ての際、お客様に着物が似合っていたとしても、言葉のバリエーションが少なくうまく伝わらなかったり、先輩から「気持ちがこもっていないように思う」などの指摘を受けました。
先輩の接客を見て言葉のバリエーションを増やすように意識し、また、普段から周りの人のいいところを見つけ、具体的に褒めるなど日々の中で、工夫し練習しています。
研修中、中々改善できず同じミスを繰り返した時は、もうイヤだと思うことも正直ありましたが、それでも頑張れたのは、先輩がいてくれたからです。出来なかったことに対して一緒に考え、相談にも乗ってくれたので、乗り越えることができました。試験に受かった時は本当に嬉しかったです。

2017/07/07 18:09 投稿

お家=寮でコミュニケーションを深めています♪

Original

会社に寮があるので、コミュニケーションをとれる時間は多いと思いますね。
一緒に晩ご飯を作ったり、一緒に帰ったり…すごく貴重な時間だと思います。楽しいのもありますが、お互いのことを知るのにとてもいい時間だと思います。

職場では話せないような話もできたり、また同世代のスタッフが多いのでただただ純粋に楽しいですね!
寮からお店まで自転車で通える距離なので、郊外に住んでいて通勤に不安がある方なんかにも嬉しい待遇だと思います。

2017/07/06 09:55 投稿

飛び込んで面接!そして入社して1ヶ月経ちます。

Original

スタイリストデビューした後にさらにスキルUPを希望していました。その中でも、カラーでも髪を傷めないための処理剤のマニアであるgoroオーナーを知り、この人の元で学びたいと思い、飛び込み面接をしたのが入社の始まりです。オーナーに惹かれて、入社した僕ですが、入社してもう1ヶ月経ちました。
振り返ると、オーナーから学べることが短期間でも多くあり、また働きやすい環境だと感じています。様々なことを任せてくれたり、きっちり教えてくれることに日々感謝しています。
少人数だからこそコミュニケーションが濃くとれますし、スタッフの仲の良さ、居心地の良さは抜群です!

2017/07/05 20:49 投稿

入社して2週間はこんな感じです♪

Original

初めての社会人、初めての施術で毎日が勉強です!大変ですが、サロンの雰囲気がとてもよく、先輩もとても良くしてくれます。仕事面でも熱心に指導してくれて、ありがたい環境です!すでにシャンプーに入れるようになったので、次のステップである「頭皮マッサージ」のスキルUPを目指しています。もっとお客様がリラックスしてもらうにはどうしたらいいかを日々考えています。一番の課題は、1つ1つの仕事が遅いこと。もっと早くスムーズに仕事を進めるスキルを身に付けたいです!

2017/07/03 19:56 投稿

「協力し合う」文化が魅力です。

Original

社員はもちろん、業者さんも含め、関わる全ての人の「人柄」が本当に素晴らしいです。先輩も時間が押しても、わからないところを丁寧に教えてくれたり…。入社1年目の時に加古川で内装工事を任せてもらいました。明日が引き渡しの日、という時に、先輩に確認をしてもらうと、できていないところ、把握していなかったところがでてきてしまったんです。引き渡しは明日、その日中でないと間に合わない。そんな時に先輩方が大阪から駆けつけて、一緒に遅くまで作業をしてくれて。誰も、嫌な顔一つせずに協力してくださりとても助かりました。オフィスインテリアにはこの「協力し合う」という文化が根付いており、これからも大切にしていきたいです。

2017/07/03 19:44 投稿

勉強したことが活かせる仕事

Original

私は今、証明写真・プロフィール・メモリアル写真やお出かけ用のヘアセット、メイクアップや七五三・袴などの着付けを担当しています。学校選びの際には、ビューティーアドバイザーに興味がありましたが、そこだけではなく全て学ぼうと思い、着付けやヘアメイクも出来るブライダルコースを選択し、勉強してきました。そのおかげで、ヘアメイクや着付け全ての基礎を身に着けることが出来、今、本当に役に立っているなぁと実感することが多いです。

2017/07/02 22:21 投稿

1年目の後半で携わっていたプロジェクトで失敗してしまったこと

1年目の後半で携わっていたプロジェクトでミスをしてしまい、お客様に迷惑をかけてしまったことがありました。 もちろんミスについては上司にも怒られましたが、それよりもその後にどうやって対応していくかということについて考え、 周りのメンバーも助けてくれて結果的に問題なく解決することができました。 この業界に入る前は自分の担当範囲の中で作業を行えばよいというイメージがあったのですが、 実際には一人で全ての仕事ができるわけではなく、周りのメンバーと助け合って一つのシステムを作り上げていくということが実感でき、 最終的にシステムを使用するお客様に喜んでいただけた時にこの仕事に就いてよかったなと思いました。

2017/07/02 19:12 投稿

新たな場所で日々精進中!

現在、私はすでに動いているシステムのリニューアルを行っています。 同じシステムを何年も使い続けると使い勝手の悪い部分が目立ったり、現代のニーズに合わなくなり、不満が多く出てきます。 そのようなお客様の持つ問題点を解消、さらによくするために改善・一新をがんばっています。

2017/07/02 19:09 投稿

現在の私の仕事

現在は医療関係のシステム開発のプロジェクトに参画しており、主に最先端医療を受ける患者さんのスケジュール管理を行うシステムの改修作業を行っています。
プロジェクトごとに自分の今まで触れたことのないような業界のシステムを扱うので、様々な業界の色々な知識を得られる機会があるというのが魅力です。

2017/07/02 19:07 投稿

この仕事のおもしろさ、やりがい

システム開発は、ものづくりです。さまざまな工程がありますが、どの工程もとても大事な作業です。例えば、テスト工程で想定と違う結果となってしまったとき、その問題解析や修正などを素早く対応しなければなりません。1人でわからなければチーム全体で協力して取り組み、修正後に再度テストを実施して正しい結果が出力されることを確認します。このような一つひとつの小さな作業の積み重ねによりシステムが完成し、お客様に納品することができたその時の達成感は、とても印象的です。

2017/07/02 19:05 投稿

入社の経緯

私がベイルを選んだ理由は人間関係です。会社説明会での先輩社員さんのお話や、社長を含め、面接を行って頂いた方のお話を聞いた際に、話のしやすさなどから「この会社は社員の方々の仲がいいのだろう」、「ここなら、大変な仕事でも楽しくやっていけるだろう」などを感じさせてくれたことです。また会社説明会・面接時に、会社側から自社の弱いところを仰って頂けたことが、会社のオープンな空気を感じることができ、決め手の一つとなりました。

2017/07/06 14:02 投稿

富国建設へ入社した経緯

Original

父が建設業界で働いていたこともあり、小さい頃からこの仕事への憧れを持っていました。学校卒業後、就職活動に対してあまりこだわりを持つことなく進めてしまい、入社した会社ではミスマッチがあり退職しました。改めてしっかり就職先を検討し、”建設業界ですべてに携われる総合建設の会社で働きたい。”という想いで、地元である関西の土地に密着し、たくさんの施工に携われる会社として巡り会えたのが富国建設でした。

会員登録(無料)

説明会・入社試験スケジュール

20179月

27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
27 28 29 30 31 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

201710月

1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 1 2 3 4

201711月

29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2
29 30 31 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 1 2

会員限定 適正診断 自分の適性・適職を診断しよう!