専門学校生・卒業生の就職サイト

OUR PEOPLE / 社員紹介

営業職
原田 将大
  • 京都新阪急ホテル 営業部ロイン・モンスレー
  • ホスピタリティツーリズム専門学校大阪 出身

仕事において心がけていること

「あいさつは必ずする」ということです。あたり前のことですが、意識しないとできません。私は相手に自分の名前を覚えてもらうためにやっています。周りに自分のことを覚えてもらわないと、仕事をする上で自分が一番しんどいんです。職場で自分の居場所を作る意味でも、新入社員には「あいさつだけは必ずしろ!業務はその後でいい!」と指導しています。
また、 他部署の方ともよく話すようにしています。宿泊部の方とはよく稼動率やお客さまの話をします。その日のお客さまの流れが分かるので、店舗でもある程度、お客さまを予想して準備ができます。他部署との連携もホテルではとても大切だと思います。

UPDATE:2018.02.21

Original

いろいろな仕事がありますが、やはり接客が一番難しいです。

お席へのご案内、オーダーテイク、予約の電話応対など、接客業務が中心ですが、レストラン店舗では備品の在庫管理や勤怠管理などの事務仕事も意外と多いんです。京都新阪急ホテルでは、ホームページの更新も各店舗が担当するので、メニューの更新時やフェアの開催時は文面や写真も選んだりしています。また最近では、営業報告などを行う会議資料の準備も任されています。
いろんな仕事はありますが、一番難しいのはやはり接客だと感じます。接客はお客さまそれぞれの求めているものが異なりますので、そのお客さまに合ったサービスができるかどうかが大切です。接客時は常にお客さまの態度や様子を見て、接客スタイルを変えるようにしています。

UPDATE:2018.02.19

Original

お客さまにとって「何が一番か」を考えてサービスを提供したい。

以前、団体のお客さまからオーダーバイキングの問い合わせをいただいてことがありました。お客さまがご希望していたプランでは、人数の関係で十分にご満足いただけないのではと考え、お値段は少し変わってしまうのですが、別のプランをご提案したところ、その提案にお客さまがとても喜んでくださり嬉しかったことを覚えています。お客さまの要望をくみ取り、何が最適かを考えてご提案することで、お客さまに喜んでいただけたときはこの仕事の醍醐味を感じますね。

UPDATE:2018.01.30

Original

好きな英語を活かした働き方を目指して。

昔から英語が好きで、英語を使うチャンスが多い職業に就きたいと考えておりました。そんな時に「ホテルで働く」という選択肢にたどり着き、入社を目指しました。当初「ホテル=堅い接客」というイメージを持っていたのですが、当社ではみんなフレンドリーで楽しく接客しており、とても新鮮な印象を覚えました。入社後は、お客様一人ひとりに応じた接客の難しさ、大切さなどを日々学んでいます。英語への興味からホテルの世界へ飛び込みましたが、知れば知るほど奥深い仕事だと思います。

UPDATE:2018.01.30

Original

もっと見る

ENTRY 応募