専門学校生・卒業生の就職サイト

OUR PEOPLE / 社員紹介

施工管理
寺床 寛貴
  • ものつくり大学出身

入社3年目。1年目とは大きく違う仕事の魅力。

街築から舗装まで、道路工事の主な工種が全体的に含まれている現場を担当しています。施工フロー、工程等を管理する事によって、自分の思い描いた形で現場が進んでいくところはとても面白いと感じます。次で入社3年目ですが、3年後は所長として現場の第一線で活躍することが目標です。それまでにしっかり今学び、実践を積んでいきます!

UPDATE:2018.04.12

Original

施工管理の難しいところ

昨年の現場で安全面の部分をよく言われました。材料の搬入時、歩行者の動きなどをしっかり見ているつもりでもどこかで危険が起きてしまいます。先に予測して、あらゆるリスクを察知して行動していくことが求められることを学びました。カラーコーンの置き場所から細かいところまでをしっかり率先して注意を払っていくのも施工管理の仕事です。

UPDATE:2017.02.21

Original

もっと見る

CAREER STORY

入社から現在に至るまで。ポジション、役割、職務をご紹介。

学生時代〜就職活動

 高校の時、設計士を目指そうと大学を受け設計デザインコースへ進学。
 設計士は狭き門というのもあり、学校内にも目指す人も少なかった。先生に相談すると、今ではこの業界には現場監督も少なくなってきている、若者が不足していると教えてもらい、先生からはゼネコンをすすめられました。色々と自分の進路に迷っていました。大学2年目に工業系の教職員になるのはどうかとまわりの方からアドバイスをいただき、それもいいなと思い、資格をとることも考え大学を変えようと思ったのですが金銭面でもそんな余裕もなく・・・断念しました。ある日大学の授業で建築土木、道路関係の説明会があり、道路の仕事に少し関心を持ちました。道路工事の会社に進んだ先輩にもお話を聞いてみて、自分の中でこの仕事をしてみたいと気持ちが固まってきました。

2016年 入社までの経緯

その中、就職先に悩んでいたところ、マイナビで戸田道路をみつけてエントリーしました。面接時、社内を見学し、社員同士のやりとりを見てアットホームな雰囲気を感じ、さらに関心が高まりました。仕事も社風もいいなと感じ、戸田道路からも内定をもらい、ここに決めました。

Show

2016年 入社後の主な仕事

入社して2週間研修後、現場に配属となります。研修で学んだことを早速実践させてもらったり、現場に出てみて新しく学ぶこともたくさんありました。ものつくりや体を動かすのが好きだったので、仕事は自分に合っていましたし面白いです。早く成長をして現場で活躍したいと思っています。

Show

2017年 思い出に残る現場

電線共同溝工事のあと、路面復旧(路面を綺麗にすること)を行う現場でした。1つ、2つ上と19歳離れている所長と現場を担当することになりました。毎日覚えることがたくさんで毎日勉強でした。最初よりもどんどん任されることも多くなり、現場が進んでいく中で、徐々に経験を活かしていける感覚もありました。


Show

2017年 JVの現場を担当!

現場が始まる前なので、準備作業がメインです。例えば、今日は工事案内をするため近隣の住民の方に挨拶をしにいったりします。現場はスタート前の準備も大切な仕事です。また、ついこのあいだ、運転免許を取得しました!他にも土木施工管理技士2級取得をめざして勉強をしています!

Show

2017年 決意!

最初は設計の仕事をあきらめ、施工管理になると決意してきましたが、先輩たちに自分の悩んだことを話すと、設計の道もあきらめない方がいいのでは?と言ってくださりました。自分でも設計を目指したいのかまだ決まってはいないので、先ずは、将来自分のやりたいことができるように今をがんばりたいです。何か壁にぶつかっても、プラスに変えていけるように!戸田道路は本当にみんな優しい人ばかりで感謝しています!

ENTRY 応募