専門学校生・卒業生の就職サイト

OUR PEOPLE / 社員紹介

営業部(中途入社:2017年4月)
山﨑 千夏
  • 札幌支店
  • 公立はこだて未来大学出身

初めての営業

社長さんとお会いする機会が多い中で、これまで接点のなかった業種を知れることで新しい知識を習得できることがとても楽しいです。営業職は生まれて初めての仕事で、始めは不安だらけでしたが、好奇心旺盛の私には合っている仕事かもしれないと感じています。札幌支社はビズシェアをしているので、立ち上げのお客様に物件紹介ではなく、オフィスのシェアの提案もできることなど、今後の事業の展開に合わせてお付き合いできることも魅力を感じています。また、月1回社長がオフィスを訪ねて交流を図ってくれるので、不安、不満なく楽しく働き続けることができる環境だと感じています。

UPDATE:2017.08.31

Original

もっと見る

CAREER STORY

入社から現在に至るまで。ポジション、役割、職務をご紹介。

地元への移住という大きな決意

東京で画像、カメラで有名な会社で勤務しており、ものづくりの部署で4年間勤務していました。部署異動自体はそこまでない会社でしたが、私自身インド、アジア圏の製品担当を希望していました。会社へ相談をすると製品担当ではなく、まずは経営企画室で頑張ってみないかとお話しをいただき新たな挑戦を選択しました。
そこで5年間社長、役員の会議を取りまとめるスタッフとして経営戦略に携わり、一からそこで経営を学びました。私自身人と接するのが好きなので、約12万人の社員がいる会社で現場の社員との交流を大切にしていました。この会社では、様々な事業展開があるので、社内でチャレンジできる飽きない環境がありました。そんな中、ゆくゆくはこれまで東京で培った経験を地元の北海道で活かしたいと考えていた中で、子供も2人授かりいよいよ地元へ移住していくという流れでこの会社を離れることを決意しました。地方の過疎化が課題にあり、地方創生に力を合わせたいと考えていました。

Show

入社を決意した理由

北海道で仕事を探す中、オフィスナビを含めた様々な会社と出会いました。コンサル、会計事務所からも内定をもらっていた中で、当社のインターンシップに参加し、最初は小規模の会社で不安でしたが、
「若い人材が経営への意識をもって1人1人生き生きしていること」や「社長が言っていたことが現場まで浸透していること」を感じ、入社を決意しました。月1回社長がオフィスを訪ねて社員と交流をとっていることを入社をして知り、そういった社長の考えも改めて素晴らしいと感じています。

Show

子育てとキャリアの両立

子どもが4月から保育園に通っているのですが、これまで2回入院がありました。その際の会社のバックアップがすごかったです。入社してまもない私にも急な時は「仕事はいいので早く帰ってください」と言ってくれて、家族ファーストの文化を身をもって感じました。
会社と病院を行き来する生活をしていたので性格上無理をしすぎることもあったのですが、逆に社員のみなさんが心配してくれました。
そんな私の働き方は、送り担当は旦那さんにしてもらっているので、私は始発で出社し、宅建の勉強をしています。通勤も15分ほどでらくらくです。保育園が19時にお迎えなので、18時きっかりで退社し、走って帰ってお迎えに行っています。夕飯や家事を済ませて早々に就寝。残業や持ち帰る仕事もないように出勤時間に集中するようにしています。

Show

OTHER PEOPLE

一覧を見る

ENTRY 応募